人生にはその考え方や、行動、生き方を真似できるような先生、つまり
「ロールモデル」がいる方が、ずっと早く色々なことに気づき、成長することができます。

小さなコツの専門家、野澤卓央がお届けする対談シリーズ、『人生のロールモデル』では、
仕事(職業)に焦点をあて、あらゆる世界で活躍し、仕事を通じて人々に笑顔や勇気を与える
人生のロールモデルになるような方々へインタビューをしていきます。
シリーズ第二回目の今回は、空間心理カウンセラー、伊藤勇司さんです。

伊藤勇司

伊藤 勇司(いとう ゆうじ)

引越業に従事する傍らで心理学を学んでいる内に【部屋と心の相関性】
 に着目するようになる。

心理学を学びながら心の豊かさを感じる半面「自分の部屋」が荒れ果て
 て明らかに豊かな状態ではないことに気づき、自分の部屋を改善すると
 共に、心理的な側面を見つめていくことで、人生の流れが180度変わる
 体験をする。

その後、一つのきっかけで始まったサロンでの少人数のセミナーが大阪
 を中心に口コミで広がり、2年半で全国で2,500人以上が受講する人気
 セミナーへと発展。

現在はオンラインでのセミナー展開やスカイプなども活用して、日本
 のみならず、世界各地に在住する日本人の個人相談も受けている。

部屋という切り口から人生を見つめ直すことができた

伊藤勇司さんは1000件以上の家庭や事務所を見て、空間が人にもたらす影響を実感。
その経験をもとに部屋を通じて習慣形成を変える方法をノウハウやテクニックだけでなく、
自分の深層心理の状態まで深く学べる音声CDです。

このCDに収録されているお話を聞くことで、
「良い空間を作り出す方法」や「部屋が片付かない理由」はもちろん、
「考えていたことが形にならない理由」「自分の考えがうまく整理できない」根本的な原因が
分かります。

空間心理カウンセラーは何を見ているのか?

 ・空間から自分(相手)の深層心理が 分かるカウンセリング手順とは?
 ・部屋を綺麗にしたいけど、できない人が間違えている最初の一歩とは?
 ・片付けられない人の部屋が片付かない理由とは?
 ・余分なものを絶対に捨てたくなってしまう方法とは?
 ・新しい習慣を作る具体的な方法とは?
 ・やるべきことを後回しにしなくなるコツは?
 ・自分のやるべきことが自然と見えてくる簡単な方法とは?
 ・ここを見れると良い空間に変わってしまうポイントとは?
 ・空間を作る仕事をプロとしてされている方が絶対に知っておいた方が
  いいこととは?

などなど、1,000件以上の空間を見てきた空間のエキスパートが空間の見方を劇的に変える
斬新な目線を教えてくださいました。

メッセージ

1時間。伊藤さんの深いお話をお聞きすると、
この3年でのべ2,500人以上の方が伊藤さんのセミナーに参加され、
参加れた方の多くが『部屋といいう切り口から人生を見つめ直すことが出来た』と
おっしゃる理由が分かりました。

私自身伊藤さんのお話を聞いた後、考え方もそうですが、考える順番が変わったと感じました。
新しい考えを植えつけるのは大変で、また続かないことが多いのですが、
考え方の順番を変えるのは知るか知らないかだけ。
しかし、その差は日を追うごとに大きな差になります。

進む方向を1度変えると10年後のあなたは今とまったく違う場所にいる。

インテリアデザイナー、建築家、不動産関係などお客様の空間をプロディースされている
プロの方はもちろん、自分の部屋をより快適に心地よくしたい。
自分の考えを整理したい。悩んでいることを片付けたい方にもお勧めです。

人生に奇跡を起こすのに才能はいらない。小さなコツがあればいい。

この音声をきっかけにさらに活躍するあなたにお会いできることを楽しみにしています。

新しい道の切り開き方(CDのみ)
価格:3,800円(税込・送料込み)

■ 収録時間74分のCD1枚

※本音声CDはオーディオプレーヤーで再生いただけます。

音声を聴かれた方からのご感想

♪ 深く掘り下げる内容にはなるほどなと感じました。(小川理恵さん)♪

とても聞きやすかったです。
控え目ながら伝えたい事をシンプルに言ってる感じ。

あの声の雰囲気と音声ファイルの内容に興味が湧き、
何日もリピート再生していました。

部屋が片付いてる・散らかっていても、それに良い悪いはない、
今の部屋の状態を感じてみると自分の心が見えてくる。

なぜ片付けたいかは一人一人違ってて、
そこを深く掘り下げる内容にはなるほどなと感じました


私は部屋が片付いてる時・片付けられない時が極端にあり、
何で片付けられないのか、片付けられない自分が駄目人間なのかも…
と考える時がありました。

でもそれは表面的な事で、自分の心を見るために
音声ファイルを聴きながら気持ちを書き出す作業を繰り返しやりました。

自分はこうしたいんじゃないかな?と見えて来た時、
目の前の物が直し場所をここにして欲しいと言ってる気がして
気が着いたら体が勝手に動き出していました。

そうして片付けた物は今もその場所にいます。

お別れをした物もあります。

そんな事を繰り返していたら、
自分にとって居心地が良い空間になってきました。

多分この音声ファイルは繰り返し聴くのがミソだと思います。
優しく背中を押してくれる感じです

▼ Works(書籍・関連商品)へ戻る