月別アーカイブ: 2015年2月

本質を知る

こんばんは。

オフィスノザワの大ちゃんです。
先週は、高山、長浜、和歌山、名古屋へ行かせていただき、
本当にすてきな方とのご縁をたくさんいただきました。
最近ご縁をいただける方は、皆さん
物心ともに満たされた、バランスの良い方ばかり。
その道をいつまでも追求し、少しでもよりよくしようと磨いている方ばかりです。
みなさんに共通しているのは、
【よりよく磨く】
【本質を追求している】
ではないかと思います。
僕は、よく自分での満足のボーダーを持つ癖があります。
人には聞かず、自分で決めたボーダーです。
なんで、
自分で決めるかと思っていたら、
自分で決めたボーダーを目指すのは、楽チンだから。ということを知りました。
だけど、全然楽チンではないんです。
昨日よりよりよくするために追求を欠かさない人は、
いろんなことをは楽しそうにしています。
目の前を楽しむことを実践してる人に、
なんで、楽しそうにしてるかと聞きました。
その質問に返ってきたこたえは、、、
【本質を知っているから】
本質を知っていることと、知らずにいることでは、そもそも目指すゴールが違う。
本質を知っている人は、
本質を追求する過程を楽しむ。
その楽しんでいる結果が、
効率をよくする。
本質を追求するためには、よりよく磨いていく。
物心ともに豊かに暮らす幸せに生きる人の共通痛点は、意外にシンプルでした。
本質は一体どのように知っていけばいいのか??
本質を知るためには、
何のためにそれをするのか?
を5回掘り下げる。といいよ!!と教わりました。
そういえば、トヨタでは、
原因追求のためになぜ?を5回繰り返していると聞きました。
本質を知ることが大きな土台になる。そんな大きな気づきがありました。
今日もありがとうございます。
あなたも私も日々あらゆる面でますますよくなっています。

乳児期に大切な事

こんばんは。

オフィフノザワの大ちゃんです。

 

 

今日は、学びのアウトプットしたいと思います。

 

 

 

エリク、ホーンブルガー、エリクソンさん。

 

1902-1994、

発達心理学、自己同一性(アイデンティティ)を唱えた人として有名なアメリカの心理学者さんです。

 

 

発達心理学は、人間の生涯を通じた心身の成長。

発達過程を心理学の理論からけんきゅうした心理学です。

 

 

子育て、部下育成、自分成長、自分のくせにも気づきがあるとおもいます。

 

 

ーーーーー

0歳~2歳【乳児期】は、

子供が望んでるように愛することが大切です。

この時期は、

お母さんからたくさんの愛を受けて、育つことが自分を信じることへつながります。

また、

相手の存在をそんちょうできるようになり、自分の価値を知ります。

 

お母さんと一体であればあるだけ、

しっくりすれば、

しっくりした分だけ、

子供の中に人を信じる豊かな信頼感が身についていきます!

 

基本的な信頼感は、ベイシックトラストと呼ばれていて、

基本的な信頼感は、

この乳児期に

一番感性が育ちます。

 

ーーーーーーーー

人を信頼するってことは、

自分が望んだように愛されること

ーーーーーーーー

 

↑これは、母子一体感を

経験すると育ちます!!

ベビーカーにのせるより、

背中のおんぶ。

向かい合うだっこのが

更に一体感を感じます。

 

ただ、

親も忙しいので、

母子一体を大切にできないでいることが多いです。

 

親は、親の望む愛し方をしていることが大半です。

 

子供が望む愛し方が

きちんとできれば、

子供は自分自身の安全と、

周りの人へ対しても信頼感を持つことができていきます。

 

 

 

 

欧米の乳児院では、

 

こんな実験がありました。

 

それは、夜中に授乳です。

 

 

夜中の授乳が有りな施設と、

無しな施設とで分けて実験をしました。

 

なしの施設では、

夜中に赤ちゃんが大泣きをしますが、

授乳しません。

すると3日経つと、

だんだん泣くのがなくなっていきました。

 

一般的には1週間くらいかかるともいわれているそうですが…。

 

どういうことなんでしょうか?!

 

果たして、

子供は、忍耐力をつけて強くなったのか!?

 

 

その後の

フォローアップをつづけていくと、

こんなことがわかってきました。

 

 

夜中の授乳をなくした乳児院では、

忍耐がつよくなったのではなく、

諦めやすい子が育ったそうです。

 

 

 

赤ちゃんにとって、最大な努力は泣くことです。

 

 

授乳をしないと決めた施設では、

 

どんなに泣いても伝わらない。

 

だから、3日間くらいで、泣くことを諦めてしまったそうです。

それは、困難に、ぶつかったときに直ぐ諦めてしまう。ということ。

そして、

自分に対しても無力感身につけてしまったそうです。

 

 

 

【乳児期】で大切なことは、

子供が望むことを充分にしてあげるということ。

そうすると、人も自分も信じるチカラが身につきます。

それが自信がもてるようにとつながっていくんですね☺︎

 

 

 

今日もありがとうございます。

あなたも私も日々あらゆる面でますますよくなっています。

あるがままの生き方。

3月22日(日)、
鮫島純子さんと、卓ちゃんコラボ講演会があります★
ぼくは昨年11月、
コツ塾の仲間(約40人くらい)で、明治神宮で開催された鮫島さんの講演会に行きました。
入り口には長蛇の行列ができ、
後から知ったんですが延べ550名の方が参加された講演会。
超満員でした。
会場の空気感というか、受付スタッフの方から、列の整理の方、会場の席案内の方、司会から裏方の方まで、めちゃめちゃ丁寧で温かい。上品で明るい。
そして、参加されてる全員と言っても過言ではないくらい、
参加者の方が、喜んでいる姿を目にしました。
その内のひとりとして、僕もいました。
講演会に参加した後の感想は、心地よくて、温かい幸せに体全部が包まれた感じ。
そして、鮫島サンの上品なユーモアに心が和み、
ほっこり。
感動と、感激の喜びが溢れました。
鮫島純子さんは、現在93歳です。
いまもお一人暮らしされていて、
自分のことは全て自分でされる。
背筋もピンっと真っ直ぐ、
とても美しい姿勢です。
なんでそんなに元気なのか?
その秘密がよくわかります。
70を過ぎてから始めた習い事も、キャリア20年以上の実力派です。
何かを始めるときに、年齢を理由にしなくて良い事がよく分かりました。
実は、鮫島純子さんは、
日本初の銀行である第一国立銀行、東京証券取引所、帝国ホテルなど
500以上の企業の設立に関与し「日本資本主義の父」と呼ばれるほどの大人物である
渋沢栄一のお孫さんです。
3/22、今回の講演会の今回のテーマは、「あるがままの生き方」です。
鮫島さんの生き方からは、本当にたくさんの人生のヒントが頂けます。
感謝に生き、めちゃくちゃ元気で上品で、幸せな93歳の姿は、本当に説得力があります。
人生観が大きくかわる方も多いのでないかと思います。
11月の講演会に、一緒に参加したある方は、まだ若い子どもに聞かせたい!!
子どもには是非喜びの人生を行きてほしいと言っていました。
また違う方は、
旦那と聞きたい!!
老後の人生を夫婦で充実させるのに、とても参考になる!!
と言っていました。
僕は、経営とか、何かのリーダーの方にも良いと思います。
何故か?
それは、人としての生き方。
共感が持て、多くの方に親しみがあるからです。
僕はみていないですが、
一昨年末に、
「アウトxデラックス」というTV番組に出演されたそうです。
鮫島さんのお人柄や生き方に感動する人が増え、講演依頼・掲載依頼が殺到しています。
名古屋の知り合いの娘さんも番組をみたらしく、3/22の講演会に参加すると、
連絡もらいました。
FBイベントページです。
https://www.facebook.com/events/1531267187147811/?ref_dashboard_filter=hosting
<鮫島純子(さめじますみこ)氏プロフィール>
1922年(大正11年)東京に生まれる。
資本主義の父・渋沢栄一氏の孫。
20才で鮫島員重氏と結婚。
戦中戦後 男児3人に恵まれる。
夫の退職後、水彩スケッチの旅や早朝散歩を
二人で楽しみ、元気な毎日を過ごす。
78才の時、58年共にした夫を、
本人の希望によって自宅で介護し、
静かに見送る。
出版社の勧めにより看護中、
夫を慰める為に描いたイラストを出版。
以来、NHKやフジテレビに出演。
多くの雑誌に対談、エッセイ、講演会等で
多忙な日々を過ごす。
好奇心、聡明さ、美しさ、品性、しなやかさ、
ユーモアを兼ね備えた 驚異の93才。
<著書>
「あのころ、今、これから・・・ー今の日本、このままでいいですか」(小学館)
「毎日が、いきいき、すこやか」(小学館)
「忘れないで季節のしきたり、日本の心」(小学館)
「子育て、よかったこと、残したいもの」(小学館)
「祖父・渋沢栄一に学んだこと」(文藝春秋)

これは、ぼく個人的な理由ですが、本物と、出会うことって、大切だと思います。
人生は、長いようで短い。
いつ、何があるか分からないから、実際に幸せに生きる人から教わればいいと思います。
その方が、ワープで幸せに生きれると思うんです。
そう感じてる理由は、いま、僕がそうだからです。
出来れば好きな人には、全員に幸せになってもらいたいです。
僕は欲張りです。
だけど、席には限りがあるから、
好きな人全員は入れません。
なので、
興味ある人、フィーリングを感じたあなたには、
参加いただけたら嬉しいです。
ピンと感じた方は、
こちらまで。
http://ws.formzu.net/fgen/S38476167/
先日、人生初の知覧へ行きました。
たくさん泣きました。
先人がつないでくれた命の重みを深く感じて、
「命」を大切に生きようと思いました。